Jens.H.Quistgaard(イエンス・クイストゴー) Azur(アズール)ティーカップ&ソーサー[B]

DANSK社を設立し、50年代から北欧モダンデザインを牽引し続けたJens.H.Quistgaardのシリーズ。
Azur(アズール)はその柄のモチーフから別名Plum(プラム)とも呼ばれており、クイストゴーのデザインの中で最も人気が高く、希少なシリーズとなっております。
存在感がありながら和洋どちらの空間にも溶け込むデザインで、幅広い用途にお使い頂けます。

<コンディション>
カップ・ソーサー供に、表面に細かい貫入が見らます。(画像2・3枚目参照)
窓際の明るい場所で日光に当てて見た状態の画像が2・3枚目ですが、普通に食卓などのライトの下に置いてみると、ほとんど気にならないレベルです。
カップ内側は、製造時に出来たごく薄いグレー点が一カ所見られますが非常に奇麗な状態です。
ソーサー表面の貫入は柄内側の受け部分の為、カップを置くと見え無い部分です。
それ以外全体的に目立った傷や欠けも無く、色柄ともに美しく良好なコンディションです。

・原産国:デンマーク
・メーカー:Kronjyden(クロニーデン)
・年代:1950〜60年代
・サイズ:カップ=(口元)8.5cm径×(高)6cm・ソーサー=15cm径
・在庫数:1

<クイストゴーの商品に関して>
クイストゴーがデザインした食器のシリーズは、3社の会社が製造に関わっていました。
当初1937年創業のKronjyden(クロニーデン)社で製造をスタートしましたが、1950年代前半にクロニーデンをNissen(ニッセン)社が買収し製造を引き継ぎます。更に1970年代後半に今度はニッセン社をBing&Grondahl(ビングオーグレンダール)社が買収し、80年代後半まで製造を続けました。同じ製品でありながら3つの刻印が存在するのはその為です。
そのような背景と製造時期の違いにより、クイストゴーのシリーズは同じ商品でも個体差が見受けられます。貫入や色調の濃淡、エンボスのメリハリ、釉薬の微妙な差、フォルムの微妙なよれ具合、焼成時に出来るごく小さな焼き穴や黒点などがその代表です。製造時期が古いもの程その特徴が見受けられますが、それは同時にヴィンテージの味わいとなる特徴でもありますので、ご理解頂ければと思います。

<ヴィンテージ商品に関するご注意>
ヴィンテージ商品は数十年前に製造され、そのほとんどが北欧の家庭で長年愛用されて来たものです。
目立つような傷や欠けなどは画像や商品説明にて事前にご説明致しますが、表現しきれないような経年劣化による細かい傷やかすれなどは、ヴィンテージ商品の持つ風合いとしてご理解頂いければと思います。
商品に質問等ございましたらご注文前にお問い合わせ下さいませ。
購入数
Soldout